地域一番になったら、次に目指すもの2019.08.21

● 地域一番になったら、次に目指すもの

 

いつもありがとうございます!高橋です。

 

地域一番になったら、次に目指すものをご紹介します!

 

楽天市場のスイーツ部門で、何度も「全国1位」になったチーズケーキがあります。

 

商品開発の際の事例をお伝えします。

 

全国から取り寄せた100種類の中に、当時日本一と名高いものがありました。

 

そのお店のホームページを見てみると、「テレビや雑誌で多数紹介」「ランキング1位」など、とても手が届きそうにない実績が数多く並んでいました。

 

実際に食べてみると、確かにおいしいのですが、個人的には驚くほどのものではないと感じました。

 

改めてそのお店のホームページをじっくり見ました。

 

書かれていたのは、ほとんどメディア露出やランキングなどの実績のことばかり。

 

素材や作りへのこだわり、作っている人のことなどは、ほとんど書かれていませんでした。

 

その当時日本一と言われていた商品に、なぜか勝てる気がしました。

 

なぜ、勝てるかと思ったのか?

 

それは、そのお店が表現していなかった、「食材」と「つくり」にこだわり、メディア露出やランキング1位などの実績を築いた上で、それらを広告などに落とし込み、そのお店のホームページ上の情報を上回れば日本一になれるかも、と考えたからです。

 

実際、販売を開始してから1年で、楽天市場スイーツ部門で「全国1位」になれました。

 

「繁盛店分析」をするまでは、「ランキング1位」と聞くと、「自分には手が届かない、異次元のこと」と考えてしまいます。

 

しかし、当時日本一と名高かった商品を体感し、そのお店のホームページを見ると、そんなに異次元の話ではない気がしたのです。

 

テレビや雑誌、インターネットなどには、情報が溢れています。

 

それらの情報をよく見てください。

 

食べ物であれば、それらの情報を大きく分類すると、「食材」「作り(製法)」「食べ方」「人」「実績」の5つに分けることができます。

 

地域で一番になったら、次の目標は日本一。

 

いま日本一と言われている商品の情報を細分化し、それらの情報を上回るように商品開発すれば、日本一にすることができます。

 

日本一と聞いて、「すごいですね」と言っているだけではいけません。

 

地域一番になったら、次は「日本一にしてやる」と強く想う。

 

・ある程度売れればいい

・家族が食べていけるくらい売れればそれでいい

 

というのであれば、日本一を目指す必要はないでしょう。

 

地域一番になったら、次は「日本一」を目指しませんか?

 


Amazonランキング1位獲得!書籍「インスタ集客!売上アップ方法」

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

初めての方へ

貴金属買取

  • 金・プラチナ・シルバー
  • ダイヤモンド
  • 宝石

ブランド買取

  • ルイ・ヴィトン
  • シャネル
  • エルメス
  • ロレックス
  • オメガ
  • カルティエ
  • プラダ
  • グッチ
  • コーチ
  • ブルガリ

買取エリア

◆北海道
[札幌/ 函館]
◆東北
[青森/ 岩手/宮城/秋田/山形/福島]
◆関東
[東京/ 銀座/ 青山/ 神奈川/ 横浜/ 埼 玉/ 千葉/ 茨城/ 栃木/ 群馬/ 山梨]
◆信越
[新潟/ 長野]
◆北陸
[富山/ 石川/ 金沢/ 福井]
◆東海
[愛知/ 名古屋/ 岐阜/ 静岡/ 浜松/ 三 重/ 津]
◆近畿
[大阪/ 難波/ 梅田/ 兵庫/神戸/ 芦屋/ 姫路/ 京都/滋賀/ 奈良/ 和歌山]
◆中国
[鳥取/島根/岡山/広島/ 山口]
◆四国
[徳島/ 香川/ 愛媛/ 高知]
◆九州
[福岡/ 佐賀/ 長崎/熊本/ 大分/ 宮崎/ 鹿児島/ 沖縄]
  • twitter
  • twitter
  • お客様の声
  • 注意
  • お店を出したい方
  • 経営コンサルティング
  • 革の染め直し
  • キャラクターケーキ
  • デパ地下スイーツ
  • スーパーフード